東京のシェアハウスの特徴や魅力点

シェアハウスは色々な人とともにキッチンやお風呂、トイレなどの共用部をシェアしながら暮らす、つまり自分の部屋とは別に他人と空間を共有する住居をいいます。戸建てをシェアするタイプから、アパートやビルだった建物を改装してシェア住居にしたタイプまで非常に様々です。何かコンセプトを決めて、それをテーマに入居者を募る物件も存在します。そして東京にはこのスタイルの住居は非常に増えており、新しい暮らし方の1つとして近年注目を集めてきました。地方と比べて東京には数多くの物件が存在するため、様々なスタイルを見ることができます。中には色々な物件に住みながら、季節や状況によって違った暮らしを楽しんでいる人も見られます。東京のシェアハウスにはどんな特徴、そして魅力点があるのでしょうか?

初期費用が安く、気軽に引っ越しができる

魅力の一つとして、初期費用の安さがあげられます。一般の賃貸アパート、マンションと違い、シェア住居の場合は敷金や礼金がかからないものが多いです。1か月分の家賃とデポジット、共益費だけで入居可能なことも多く、10万円以下の初期費用で住みはじめることも可能です。また、共用部には生活に必要な家具や家電が備え付けられているため、その分の費用も抑えられます。つまり、洋服や寝具、身の回りのわずかなものだけで引っ越しすることができるのです。また、毎月の家賃と共益費の中には、トイレットペーパーやごみ袋など入居者全員が使う備品や水道光熱費、インターネットの通信費などが含まれています。必要経費を全員でシェアするため、1人暮らしよりも安く抑えられる場合も多いのです。

コンセプトのある空間や入居者間の交流が楽しめる

シェアハウスの魅力の1つに、1人暮らしだとなかなか住めないようなコンセプトのなる空間で暮らせる点があります。例えば、アンティーク風の家具を使った広いダイニングキッチンやバーベキュースペースのあるバルコニーなど、高級住宅にいるかのような空間でリーズナブルに暮らすことができます。そして最大の魅力はなんといっても入居者同士の交流です。年齢や性別、さまざまな職業など、異なるバックグラウンドを持つ人たちとの暮らしは刺激にあふれています。同じ空間で生活することで仲良くなり、一生の友人ができることもあります。また、災害時など何かあったときにお互いに助け合うことができるのも心強い点です。異性の入居者との暮らしに抵抗がある場合は、男性専用、女性専用などのコンセプト物件もあります。