東京のシェアハウスのだいたいの費用の紹介

近年では東京で一人暮らしをする場合に、マンションやアパートで一人暮らしをするよりもシェアハウスを利用する人が増えています。これは自分の部屋とは別に共同利用できる共有スペースを使用することができる賃貸住宅のことを指します。人気の理由の一つには初期費用を抑えられるという点がありますが、初期費用がかからないというわけではありません。多くの場合に保証金というものが発生し、これはマンションやアパートでいう敷金のような扱いになります。基本的には退去するときに返金されるものですが、ここからクリーニング代が聞かれたりする場合が多く見られます。それでは東京でシェアハウスを利用する場合には、マンションやアパートの一人暮らしとはどれほど費用が異なるのでしょうか。

どれくらいの家賃で利用できるのか

まず特徴をあげると、本来は短期外国人向けに作られたものであるため価格が抑えられています。そして種類があります。とにかく費用を安くしたいという人向けのドミトリータイプと個室タイプの二種類です。ドミトリータイプとは、寝台列車のように一つの部屋に複数のベッドが置いてあるもので、ほかの居住者とともに眠る部屋を指します。もうひとつの個室タイプは、一部屋にベッドが一つしかなく、しっかりとプライベートが確保された部屋です。東京の地域によっても家賃の相場を異なりますが、ドミトリータイプの場合には、高い場所でも4万5千円ほどで、安い場合には3万円をきる場所もあります。個室タイプの場合には、安い場合でも5万円を超え、高い場合には9万円近くになるところもあります。

マンションとアパートでは初期費用が大きく異なります

同じ最寄り駅の同じ徒歩圏内にあるワンルームマンションとの比較をしてみましょう。ワンルームマンションの初期費用としては、家賃を同じ6万5千円とし、敷金が13万円、仲介手数料が約7万円で、その他の費用を含めて初期費用の合計は27万円にもなります。これに対してシェアハウスの場合には、保証金が6万5千円、仲介手数料はかからず、初期費用の合計は14万円となります。この時点でおよそ1.9倍の差があることがわかります。しかし初期費用はこれだけではありません。一人暮らしを始めるためには家具や家電をそろえたり、引っ越し費用がかかることもあります。家具や家電をほとんどそろえる必要がないために、引っ越しも自分の力で行うことができ、これらの点からも初期費用をぐっとおさえることができます。