東京のシェアハウスを選ぶときのポイントや注意点

住宅は、時代によってその形を変えていきます。戦後は集合住宅が多かったのですが、時間の経過とともに人々はお金を手にすることができ、一戸建て住宅を手に入れるようになりました。昭和50年より前であれば一戸建て住宅を手に入れることができた人はある程度お金を持っている人でした。ところが昭和50年代に住宅ローン制度ができあがったため、普通の会社員などでも住宅を手に入れることが可能になったのです。さらに時代は進み、日本は平成大不況に陥ると、住宅を購入することができない人が増えてきました。そこで生まれた価値観はシェアというものです。これは住宅業界に限らず車や旅館などでも同じような現象が起きています。住宅業界ではシェアハウスと呼ばれるところが増えてきているのが特徴ではないでしょうか。

どのように選んだらよいかのポイントについて 

東京たくさんの人口がいますが、土地が高いのがネックになります。住宅を購入する場合に限らず、賃貸の場合であっても家賃が高く、ワンルームする借りることができない人は意外と多いのです。そこで、東京を中心にシェアハウスが徐々に広まってきました。これは、例えば賃貸で部屋を借りる場合も、ひとりで住むのではなく、知らない人と複数で住むようにして、できるだけ一人の家賃を安くする方法なのです。このように多くの人が使用することでメリットがあるとすれば、毎月の支払うお金が少なくなることと仲間ができることです。では、仲間が欲しい場合やあまり住宅に対してお金を使いたくない場合は、どのようなハウスを選んだらよいでしょうか。その一つは、ちゃんとした審査があるところです。審査がいい加減だと、住人の質の悪いからです。

駅から近いことや環境がいいことも重要

いくら共同で住む家とイえども、住宅環境をとても重要になります。一つは駅から近いことです。もちろん駅から近ければ良いわけではありません。あまり駅に近すぎても繁華街になっていれば、夜中に酔っぱらいが叫んだり、喧嘩などをしている光景も見受けられますので、環境があまりよくありません。少なくとも繁華街から少し離れていて、駅から徒歩5分程度で行けるところを選ぶのがよいでしょう。また、大通りから少し離れていることも重要になります。駅の場合と同じように、大通りから近いと車を利用する場合に便利です。ですが、週末の夜バイクの音がうるさかったり、車が走り去る音がうるさくて眠れないこともあるでしょう。このようなことを避けるためには、大通りから100メートル以上離れている場所を選ぶとよいです。